やっと読み終えました

ようやく有栖川有栖の小説を読み終わりました。
別段、ものすごく長い話というわけでもなく、ただ単に自分の読むスピードが猛烈に遅いだけです。

なぜか一ヶ月以上もかかってしまいました。
お話自体は一般的な密室殺人を扱ったもので、登場人物の掛け合いがなかなか面白かったです。
あとがきを綾辻行人が書いていたので、そこもついつい読んでしまいました。

普段だと、よほど気に入った作品しかあとがきは読まないタイプなのですが。
有栖川氏は綾辻氏とかなり仲がよろしいようで、関西人つながりというか、そこに関西特有の結束の固さのようなものを見る思いがしました。

学歴的には綾辻氏のほうが上だけれども、小説を書く上ではそんなもの全然関係ないですしね。
まあ、とにかくけっこう楽しめました。

Categories: nocategory